衝撃の事実、原因と予防方法で薄毛は治るのか

おすすめリンク

脳梗塞後遺症の症状やリハビリ方法

身近な人なら知っておくべき!脳梗塞後遺症の具体的な症状や効果的なリハビリについて。

高円寺でオススメの歯医者

高円寺エリアの歯医者さんをじっくり調べました、その中でもオススメの歯医者さんについてまとめました。

千葉市でインプラント治療開始!

千葉市のクリニックでインプラント治療を始めました。その方法や経過をレポートします!

虫歯治療以外でも通いたい八千代市の歯科

歯医者さんへ行くのは虫歯治療だけじゃない!予防やクリーニングも行っている八千代市の歯科医院。

池袋で最新技術を提供できる矯正歯科

矯正は安心な医院で受けたいもの、池袋で最新技術を提供している矯正歯科を探す時のポイントを公開します!

薄毛のターニングポイントは25歳

近年若者の間でも多くみられる薄毛ですが、その原因としては、仕事や私生活のストレス・生活習慣が不規則だからなどの理由は多々ありますが、専門家によると遺伝によるところが大きいそうです。
それを実証する例として上げられるのが、結婚式などの集合写真です。
新郎側・新婦側とそれぞれ親族が分かれて撮影されると、髪の毛がフサフサな人たちと髪の毛が寂しい人たちに分かれてしまうのです。
このように、写真を撮ることで遺伝による薄毛が多いと言うことがはっきりしているのです。

では、どこからどのようにして遺伝するのかについてですが、かつての資料によると、実父からの影響が41パーセントに対して母方の祖父の影響は36パーセントという記録が残されていますが、近年の調査では、母方の祖父が薄毛だった際に、同じ道をたどる可能性は50パーセントと言われているのです。
そもそも、男性が持っているX染色体であるARレセプターという遺伝子が大きく関わっていると言われてきたのですが、研究がさらに進み、近年では常染色体(性染色体以外の染色体)のなかでも情報を受け継ぐものがあるということがわかってきたのです。
多因子遺伝ということですが、明らかに一つの遺伝子により起こされるものではない、というように遺伝因子が変化して来たのです。

とある専門家が髪の毛や薄毛に興味を持つようになったのは、大学に留学していた1998年のことでした。当時ヨーロッパで、男性ホルモンの一種をコントロールすることにより抜け毛を抑えるという働きがある「フィナステリド」が薄毛の治療薬として承認されたのです。
薄毛は治らないものと思い込んでいた先生は、薬で薄毛が治ることを知り、その後の人生に影響を受けたそうです。

薄毛の多くは遺伝による可能性が高い

某クリニックの先生が調べたところによると、初診でやって来る人の年齢は、20代前半から40代中頃で平均すると25歳ということになり、早い段階で薄毛になってしまう人が多いことに驚いたそうです。 最初に受診する年齢が25歳前後の人が、多いとされているのです。

薄毛は5歳毎に1段階進行していく

現れる状態としては、おでこと前髪の境目にM字型が深くなってきたり、頭頂部の毛がなんとなく寂しくなったりするのが30歳なのです。 さらに進むとされているのは、データによると35歳というのが確実なのです。 つまり、1段階ずつ進行するのは5歳毎ということになるのです。

薄毛の治療は根気が大切なのです

寂しくなった頭頂部を元のように、活気あるものにするのは非常に難しいかもしれませんが、近年においては色々な育毛剤や植毛なども開発されており、5年・10年と時間はかかりますが、根気強く治療を行うことで、5歳から10歳若返る可能性を秘めているのです。