衝撃の事実、原因と予防方法で薄毛は治るのか

薄毛は5歳毎に1段階進行していく

男性の薄毛はストレスが原因という事もある

年代問わず男性の場合には、薄毛の鯨飲として上げられるのは、男性型脱毛(AGA)で薄毛で悩んでいる成人男性は約7割を占めると言われています。
なぜ男性型脱毛で薄毛になるのかというと、それは遺伝による男性モルモンが影響しているとされ、髪が伸びる周期の短縮化が起きていることがわかっているのです。
若い世代の10代や20代の男性の場合は、生活習慣や周辺環境も薄毛の原因として考えられるでしょう。
社会人として、勤め始めたばかりの時期に精神的プレッシャーがかかり、ストレスや食生活の乱れなどで薄毛になってしまうこともあるでしょう。
10代・20代に比べて、30代・40代男性の薄毛の原因としては、新陳代謝が悪くなったり内臓器官が衰え始めたりするものです。
それに加えて、仕事の忙しさ・睡眠不足・暴飲暴食・喫煙などが体内に蓄積されて、年齢を増す毎にその解消に時間がかかるのです。

女性の抜け毛には女性ホルモンが関係する

女性の場合においても、まだ若い20代中にも抜け毛で悩んでいる人は多く、朝起きると布団の上に抜け毛がたくさんあったり、シャンプー後に排水溝を見るとごっそり抜けた毛が溜まっていたりという経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。
20代での抜け毛の原因は、過度なダイエット・スタイリング剤の使い過ぎ・誤った洗髪・私生活のストレスなどがあげられるでしょう。
特に過度な減量やストレスは体に大きな影響を与えてしまうことにより、女性ホルモンが乱れることで生理不順を起こしてしまうことがあると言われているのです。
30代の場合は、結婚や出産を期に抜け毛が増えるという方が多く、特に妊娠中から出産にかけて女性ホルモンが変化する影響から、産後に抜け毛の頂点を迎える例があるのです。
40代の場合は、女性ホルモンの変化から更年期が始まりが、抜け毛が増えてしまう原因となっているのでしょう。